ぎっくり腰になったときの対処法

強烈に痛い「ぎっくり腰」ですが、経験者も未経験者も“いざというとき”のために対処法をマスターしておきましょう。

サイトトップ > できるだけ背中を丸めるようにして眠りましょう

スポンサードリンク

ぎっくり腰になったときの対処法

できるだけ背中を丸めるようにして眠りましょう


人間は寝ているあいだに、無意識に寝返りをうっています。ふだんならなんということもない自然な動きなのですが、「ぎっくり腰」になると腰にかなりの負担がかかることに。けれど寝てしまっていてはどうしようもないので、せめて就寝前に姿勢に気をつけるようにしてみてください。


「ぎっくり腰」になると、腰の左右どちらかに痛みを感じることが多いようです。ですから、寝るときは痛みがある側を横にして下にもってくるようにし、背中を丸めたような姿勢で寝るようにしましょう。この向きと姿勢をとることで、多少なりとも痛みは緩和されます。


ひざの下に座布団などを置くことでも、腰への負担を軽減することができますよ。ベッドから起きあがるときも激しい痛みが生じますから、横になっている状態から起きるときは、まずうつぶせになってからひざを立て、よつんばいの格好をとってゆっくり起きあがるようにしてください。とにかく、できるかぎり腰の部分を動かさないようにすることがたいせつなのです。


痛みのピークを過ぎ、少し動けるようになったらコルセットをつけるのがおすすめです。腰をシッカリと安定させて固定することで痛みがやわらぐうえ、治癒も格段に早まります。


ぎっくり腰になったときの対処法